• MEWSHIP

バスケットボールはマイナースポーツか否か



プロバスケットボールの世界でしばしば使われる「バスケは日本ではマイナースポーツ」という言葉。この言葉は正しいか否か。

世界のスポーツ別競技人口を見るとバスケットボールは2位のサッカーに2億人差をつける堂々の1位4億5000万人。

「サッカーの方が道具が無くても出来るのでは?」と率直に思うが、NBAは10年以上前からアフリカへの支援とバスケットボール普及を積極的に行っているためその影響があるのかもしれない。またNBAで成功したアフリカ系選手も多く、一流になれば年間20億円を手にする世界への憧れも未だ貧困に喘ぐアフリカでは重要な要素だろう。

現在の正確な人口は不明だが、日本では野球750万人・サッカー730万人・バスケ570万人という数字が残っている。プロスポーツの規模から考えると適正かまだ良い方と思える。

他種目と比べるとやはりバスケットボールの日本人口は少ないが、20歳以上で「毎週1回以上バスケットボールをしている人」と「毎週1回以上野球をしている人」はどちらの方が多いだろうか。バスケットボールは熱心なタイプなら平日仕事の後でもプレーする。しかし試合の競技スペースや必要人数が多い野球を同じ頻度でプレーすることは出来ないだろう。この部分の統計を取ると面白い数字が出るのではなかろうか。

とにかく何が言いたいかというと、バスケットボールのプロ選手に「競技の人気が無いんだ!」なんて言い訳をして欲しくないのだ。

どの学校にもバスケットボール部があり体育の授業でもやるようなスポールはマイナーではない。

安易なターンオーバーはバスケ経験者の気持ちを冷やし、ダンクなど強引で爆発的な個人技の無いチームプレー主体の試合を素人が見てもどこを楽しめばいいか分からない。ベーシックで単純な部分から目を背けてはいけない。

追記

「スポーツ用品別国内市場規模」を見ると面白い。

スポーツ用品別国内市場規模(2016年予想)

野球:約740億円

サッカー:約650億円

バスケ:約250億円

上記の数字だけ見ると大きな差を感じるが、競技人口が野球の76%でスポーツ用品市場規模が33%というのは「規模が小さい」より「バスケットボールはひたすら金の掛からないスポーツ」という事を示しているように感じる。それなら世界人口についても合点がいく。つまりバスケットボールは貧乏人でも始めやすく続けやすいスポーツってことよ。

#日本 #スポーツ #バスケットボール

0回の閲覧

Design and All Direction

TOYAMA JAPAN

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • YouTubeの - ホワイト丸

Basketball and Log house cafe | バスケットコート併設ログハウスcafe & Mewship50 公式ホームページ